うつ病を引き起こす要因|うつ病に関する正しい知識|様々な症状について知る

うつ病に関する正しい知識|様々な症状について知る

うつ病を引き起こす要因

ウーマン

うつ病の症状が現れる原因というのは、脳内で「幸せ」という感情を引き出す神経伝達物質のセロトニンの分泌バランスが崩れることにあります。そのセロトニンの分泌バランスが崩れる原因は主に過度なストレスによるものだと言われています。その他には、遺伝的要因によって症状が現れるという説もあるのです。遺伝的要因というのは、家族や近い親族にうつ病患者がいる場合に、自身の家族内でうつ病の症状が現れるリスクの高さに関係しています。そういった場合のリスクというのは、通常の発生確率の1.5倍から3倍ほど高いと言われているのです。また、一卵性双生児において、片方がうつ病を患っている場合、もう片方にもその症状が現れる確率というのは25%から90%に上ります。これらの数字から見て、遺伝的要因がうつ病の原因として考えられることが分るでしょう。

過度のストレスというのは、うつ病の原因として広く知られています。ストレスと一概に言っても、ストレスの発生原因は多岐に渡るのです。代表的なストレスでいえば、人間関係や環境の変化によるものが挙げられます。それらのストレスの内、人間関係によるストレスというのは職場や学校等で非常に受けやすいストレスです。人間関係の希薄化が進む現代において、そういったストレスで悩みを抱える人は多いでしょう。環境の変化については、就職・転職・転勤・進学といった変化であったり、結婚や昇進といった変化であったりと様々ですが、そのどれもがうつ病の症状を引き起こす原因となりうるのです。大きな環境の変化というのは、不安やプレッシャーを伴います。それがストレスとなり、その症状を引き起こすのです。そういったストレス性の原因の他にも、身体的な要因がストレスとなることもあります。例えば、脳機能障害や甲状腺機能に関する異常、そういった身体的病気というのは脳機能に影響を及ぼします。それにより脳機能が低下すると、セロトニンの分泌バランスが乱れてしまい、うつ病の症状が引き起こされてしまうのです。このように、うつ病の症状を引き起こす要因というのは多岐に渡る上、予防しづらいといった特徴があります。自分自身で解決することも難しいので、ストレスが溜まりネガティブな感情が常に付きまとっていると感じたら、精神科や心療内科を受診しましょう。