うつ病の原因と治療法|うつ病に関する正しい知識|様々な症状について知る

うつ病に関する正しい知識|様々な症状について知る

うつ病の原因と治療法

看護師

うつ病の症状に悩まされている人というのは、一日の内、大半の時間を悲しい・辛いといったネガティブな感情で過ごしています。それは、個人的な性格や感性の問題ではなく、脳の低下が原因なのです。人間の喜怒哀楽を司っているのは心ではなく脳であり、その機能が低下してしまうと感情がコントロールできなくなってしまうのです。具体的には、脳機能の一つであるシナプスの働きが低下することによって、「幸せ」を感じる為の神経伝達物質の分泌バランスが崩れてしまった状態をうつ病と言います。幸せを感じるための神経伝達物質というのは、セロトニンと呼ばれる物質です。セロトニンが分泌されると幸福感を認識し易くなる他、ストレス性の緊張を解すこともできます。つまり、セロトニンの分泌バランスが崩れると、幸せを感じられなくなったりストレス性の緊張が持続したりといった症状に陥ってしまうのです。これにより、うつ病の症状で悩まされている人の多くは一日の大半の時間をネガティブな感情で過ごすことになります。しかし、原因が分かっているのであれば、治療方法も想像できるでしょう。

治療方法というのは、脳内のセロトニン分泌バランスを整えれば良いのです。心療内科や精神科では、そういった効果を持った薬剤を処方してくれます。副作用を伴う薬で長期的に服用すること必要となりますが、徐々に脳内のセロトニン分泌バランスを整えていくことが可能です。もし、ネガティブな気持ちを常に考えてしまうといった悩みを抱えている人がいるのであれば、心療内科や精神科を受診してみましょう。その時にうつ病と診断されたのであれば、すぐに治療を始めてくれるはずです。多くの人の中には、副作用のある薬剤の服用が怖いという人もいるでしょう。その場合には、カウンセリングでの治療が行われます。薬剤による治療に比べ完治までに時間が掛かってしまいますが、自身の身体に負担をかけることなく治していくことができるでしょう。そういった治療の他に、磁場を利用して脳に直接刺激を与えるといった治療法も存在します。この治療法は比較的新しい治療法で、副作用もなく効果的にうつ病を治すことのできる画期的な治療法として注目を集めています。このように、うつ病にはその症状が発生する明確な理由があり、様々な治療法によって治すことができる病気なのです。