最新の検査方法|うつ病に関する正しい知識|様々な症状について知る

うつ病に関する正しい知識|様々な症状について知る

最新の検査方法

医者

もし、自分自身の状態において、うつ病かもしれないと思う症状が現れているのであれば、インターネットで利用できる「うつ診断」を受けてみることをお勧めします。そのうつ診断はあくまでも簡易的なものですが、自分自身の心の状態について知ることができるはずです。自分自身の心の状態について知り、その状態が健常とは言えないのであれば、うつ病を患ってしまっているかもしれません。そういった場合には、精神科や心療内科を受診することをお勧めします。それらの医療機関では、より正確な方法でうつ病診断を行ってくれるでしょう。従来のうつ診断方法というのは、カウンセリングです。専門医は患者とのカウンセリングを通して判断材料を集め、その患者がうつ病かどうかを判断してきました。しかし、うつ病の症状と類似した症状を引き起こす病気というのは複数存在し、うつ病だと判断して治療を開始したとしても効果を得られなかったというケースは数多く存在するのです。つまり、カウンセリングによる診断というのは、専門医の経験と技術、知識が大きく影響する診断方法ということになります。最近では、そういった問題を解決するために、「光トポグラフィー検査」というものが開発されました。ここでは、光トポグラフィー検査がどういったものなのかを知っていきましょう。

光トポグラフィー検査というのは、うつ病や双極性障害、統合失調症といった疾患を60%から80%の精度で判定することのできる医療検査機器です。この検査を受けるタイミングというのは、初診時ではありません。その判定精度からわかるように、光トポグラフィー検査では100%疾病を判別できる訳ではないため、あくまでも診断補助として活用されます。例えば、うつ病の症状が現れているため、その症状に適した薬剤を処方しているが効果が現れないといった場合、光トポグラフィー検査を受けることによって本当にうつ病かどうかを判断するのです。最近では、薬剤投与前に行なうことが多いようです。光トポグラフィー検査の仕組みについて、その仕組みは近赤外光を脳に照射し、前頭葉の血流パターンを測定します。その血流パターンから、判別を行なうのです。近赤外光は脳に悪影響を及ぼさない光ですので、副作用を心配する必要はありません。