家族のサポートについて|うつ病に関する正しい知識|様々な症状について知る

うつ病に関する正しい知識|様々な症状について知る

家族のサポートについて

婦人

もし、自分自身の家族の中でうつ病の症状が現れているという人がいるのであれば、精神科や心療内科まで同伴することをお勧めします。数多くの人の中には、仕事の忙しさから一人で診察に行かせてしまう人もいますが、初診時の家族同伴はとても大切な役割を果たすのです。ここでは、その理由について知っていきましょう。精神科や精神病院におけるうつ病診断の初診時、家族の同伴が重要となる理由というのは判断材料にあります。うつ病と判断するためには、基本的にカウンセリングによって判断材料を集め、診断を下すのです。その時、うつ病の症状が現れている本人のみだと、十分な判断材料を集められない可能性があります。なぜなら、そういった症状が現れている人というのは、簡単に人に心を開かないからです。つまり、その家族が同伴する際には、本人と医師との橋渡し役を担ってもらうためなのです。

家族の方であれば、本人が答えることができなくても、今現在の状態について説明することができるでしょう。そういった説明が、専門医にとって大きな判断材料となります。より正確な診断を下すことによって、より効果的に治療を行なっていくことができるのです。ただし、より正確に症状を診断するためには、家族の方が普段から患者となる方の様子をしっかりと見ていることが大切になります。そのため、自身の家族には普段から気を配っておく必要があるのです。極力、初診までの数日間に関する状態・様子をメモにまとめておくことをお勧めします。そういったメモを残しておくことで、初診をよりスムーズに進めていくことができるはずです。

初診が終わった後には、家族の方が本人をサポートしていきましょう。ただ、過度なサポートは治療の妨げになるため、あくまでも本人の気持ちを支えるためのサポートに徹することが大切です。精神科や心療内科における治療というのは、基本的に本人の意思を尊重したものとなっており、それがうつ病改善への近道となります。自宅でのサポートに関しても、本人の意思を尊重するようにしましょう。「頑張れ」「やればできる」といった言葉はポジティブな言葉ですが、うつ病患者には大きなプレッシャーとなってしまいますので、本人の状態に同調することが大切です。本人にとっても家族にとっても、治療から完治までは長く険しい道のりとなりますが、根気強く治療に取り組んでいくことが大切になります。自宅でのサポートにおいて最も大切なのは、心の休まる空間を作ることです。心身共に十分な休養を取るということは、精神科や心療内科で受ける治療効果を促進することができます。このように、うつ病の治療には家族のサポートが重要なのです。