うつ病に関する正しい知識|様々な症状について知る

うつ病の原因と治療法

看護師

うつ病というのは、セロトニンと呼ばれる脳内の神経伝達物質の分泌バランスが崩れることによって発生する病気です。この症状の治療方法は、カウンセリングや薬剤治療、磁場による刺激治療等、多岐に渡ります。

View Detail

うつ病を引き起こす要因

ウーマン

人間関係におけるストレスや環境の変化によるストレス、遺伝的要因であったり身体的な病気であったり、うつ病の症状を引き起こす原因というのは多岐に渡ります。それらの原因について詳しく知りましょう。

View Detail

誤解されている病気

ドクター

近年、日本国内における「うつ病患者数」が増加しています。そのため、うつ病という病名の知名度は高くなりました。しかし、その知名度に対して、うつ病がどういった病気なのかを把握している人の数というのは少ないのです。数多くの人の中には、うつ病のことを個人の性格の問題だと考えている人もいるかと思います。ここでは、そういった間違った考えを払拭するための正しい知識を身に付けていきましょう。最初に知るべきポイントというのは、うつ病は個人の性格の問題ではないといったポイントになります。うつ病は精神疾患であり、治療することのできる病気です。もし、家族や友人がうつ病で悩んでいるという人がいるのであれば、そういった点を理解して接することが大切になります。「甘え」や「弱さ」といった間違った考えをもってそういった患者に接してしまった場合、その症状を悪化させてしまう可能性があるのです。

うつ病の症状というのは、心身共に現れます。まず、心に現れる症状について知っておきましょう。心に現れる症状は心的症状と呼ばれ、気分障害(感情障害)や意欲低下、思考低下といった状態がそれに該当します。気分障害に関しては、情緒不安定になり自分自身の感情をコントロールすることができなくなってしまいます。そういった状態というのは、健常者であっても稀に発生するでしょう。しかし、健常者の場合、その状態は一過性のものです。この病気を患っている人は、その状態から抜け出せなくなってしまいます。情緒不安定な状態が続くと、日常生活における対人関係に問題が発生するようになるでしょう。次に、意欲の低下についてです。意欲の低下といった症状では、文字通り様々な意欲が低下します。その範囲は軽度・中等度・重度といった違いによって異なりますが、重症になると食事を取る意欲すら失います。また、軽度であっても自分が今まで好きだったことに対する意欲を失い、楽しいと感じられる機会が無くなっていくのです。

思考の低下という症状に関しては、様々な症状の中でも典型的な症例だと言われています。思考というのは、頭で何かを想像することを指し、人は日々様々なことを思考しているものです。思考が人格をつくるとも言われており、思考力が低下すると無気力な状態になってしまいます。また、思考しない状態になると、記憶を司る海馬が縮小してしまい、記憶力も低下するのです。しかし、ずっと思考しないという訳でもないのです。逆に考え続けてしまうといった症状が現れることも多々あり、それは妄想による罪悪感にも繋がってしまいます。このように、うつ病というのは自分では解決しようのない病気なのです。

最新の検査方法

医者

うつ病の検査方法というのはカウンセリングが主でしたが、カウンセリングではその診断の確実性が欠けていました。最近では、光トポグラフィー検査により、うつ病の症状に酷似した病気まで判別できるようになったのです。

View Detail

家族のサポートについて

婦人

うつ病の治療というのは、家族のサポートが特に重要になります。そのサポートというのは、初診への付き添いであったり、自宅での心身療養であったりと多岐に渡るのです。しかし、そういったサポートがうつ病の症状回復の大きな助けとなるのです。

View Detail